ノコギリヤシの副作用は女性にとって危険?

古くからハーブとして用いられているノコギリヤシですが、現在では良性の前立腺肥大症改善や薄毛対策・予防に利用されていることが多いです。

薄毛になってしまう原因の中にはノコギリヤシの作用によって予防することが期待できるものもありますので、男性女性ともに活用していくことを前向きに考えても良いでしょう。

しかし、どの成分も摂りすぎてしまうと悪影響を与えることもあり、ノコギリヤシを服用することによって副作用が出てしまう恐れがあります。

特に特定の女性にとっては重大な副作用が出てしまう危険性があるため、しっかりと自分の中でどういう状態であるのかを把握していく必要があります。

ノコギリヤシの作用はホルモンに影響を与える

ホルモンに作用するイメージ
ノコギリヤシがなぜ薄毛に対して有効的であるのかは、その作用がホルモンに影響を与えることに大きく関わっています。

ノコギリヤシは体内に存在している5-αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつき、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンとの結合を阻害します。

5-αリダクターゼとテストステロンが結合することによって、ジヒドロテストステロンというホルモンが生成されるのです。

このジヒドロテストステロンは「脱毛ホルモン」とも呼ばれ、頭皮において成長中の髪の毛であるにも関わらず強制的に脱毛を引き起こしてしまう厄介なホルモンなのです。

ジヒドロテストステロンは男性も女性も存在している

ジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンは男性ホルモンの一種なので、女性にとっては無関係なものと思われがちですがそんなことはありません。

女性の身体の中でも男性ホルモンは分泌されており、ホルモンバランスが乱れてしまうことによってジヒドロテストステロンの作用が優位になってしまうことがあるのです。

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪の毛の健康を保つ役割を持っていますので普段は薄毛になりにくい状態ですが、エストロゲンが減少することによって男性ホルモン量が多くなると女性でも抜け毛が進行してしまいます。

女性にとってノコギリヤシの作用の流れ

女性にとってのノコギリヤシの作用

  1. ホルモンのバランスが崩れてしまうことでジヒドロテストステロン生成量増加
  2. ジヒドロテストステロンは抜け毛が増加してしまうのでノコギリヤシによって生成抑制
  3. 女性ホルモン減少をカバーすることでホルモンバランスの安定
  4. 抜け毛を効率良く抑制

といった流れでノコギリヤシは女性の薄毛をカバーすることに期待ができます。

妊娠中・授乳中の服用は禁止!

禁止のマークを掲げる
ホルモンバランスの乱れやすい時期というのは色々ありますが、特に産後や更年期に女性ホルモンの急激な減少が顕著に表れます。

更年期の場合は閉経によりエストロゲンが必要なくなるために起こるのですが、その際にノコギリヤシを使うことはおすすめです。

産後というのは子宮で胎児を育てる必要が無くなるため、一時的ながらエストロゲンが急激に減少してしまうためにホルモンバランスが乱れやすくなります。

だからといってノコギリヤシを服用することはおすすめできず、むしろ避けなければなりません。

ジヒドロテストステロンは胎児に影響を与える

びっくりしている子ども

ジヒドロテストステロンを抑えて薄毛を抑える薬の中に「プロペシア」と呼ばれる薬があります。

この薬もノコギリヤシと同様に5-αリダクターゼに結合して抑える成分を配合しています。

ノコギリヤシよりも効果が強い分、副作用に関しては非常に注意をしなければならず、説明書にも以下の記載があります。

2. 重要な基本的注意
本剤の使用に際しては、患者に次の事項を説明すること。
(1) 本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。〔「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕

(中略)

5. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与
(1) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。〔「重要な基本的注意」の項参照〕
(2) 授乳中の婦人には投与しないこと。〔本剤がヒト乳汁中へ移行するかは不明である。〕
プロペシア説明書-添付文書(PDF)-

このことからもわかるように、ジヒドロテストステロンは男子胎児において重要な役割を持っているため、妊娠している女性に関しては触れることも控えるようにしなくてはいけません。

妊娠予定が無い女性には有効的

OKを作る女性

重大な副作用まとめ

  • 妊娠している男児に影響を与えてしまう可能性がある
  • 母乳からジヒドロテストステロンを抑制する作用は不明ではあるが危険性は高い

以上のことを踏まえると、妊娠を予定していない女性にとってはノコギリヤシの副作用をあまり深刻に考える必要はありません。

女性ホルモンが低下することによって男性ホルモンが優位になるのであれば、ノコギリヤシを使って安定化させることで薄毛トラブルだけでなくイライラや情緒不安定という症状も緩和することに期待ができます。

自分がどのような立場でいるのかによってノコギリヤシを使うか決めるのが賢い選択だと言えるでしょう。

まとめ

ノコギリヤシの作用は女性の中でも妊娠中や授乳中の方にとっては子どもに悪影響を及ぼしてしまう可能性があるため使うのを控える必要があります。

しかし、それ以外の女性であれば自信に及ぼす重大な副作用の危険性は限りなく低いため、活用していくことで脱毛を抑えるサポートができるようになるでしょう。

上手く活用してノコギリヤシの作用を十分に発揮させてください。

ノコギリヤシのすべてを解説!

ノコギリヤシの効果から副作用・気になる成分まで徹底的に解説しました!

ノコギリヤシの効果・副作用全て解説

関連記事

ノコギリヤシの副作用で足のむくみ、それって前立腺がんかも・・・?

ノコギリヤシの副作用で起こる抜け毛は改善の証拠?

ノコギリヤシの副作用でEDになってしまう可能性がある!?

ノコギリヤシの副作用で血圧が悪化することはある?